つけたスキンケア用品を肌に浸透させてから次のスキンケア

私がお肌の手入れで特別視しているのは、つけたスキンケア用品を肌に浸透させてから次のスキンケア用品を使うということです。

 

洗顔後にタオルで顔を優しく拭いてから、まずは化粧水を馴染ませます。
次に美容液ですが、ここですぐに塗ろうとせずに初めの化粧水がきちんと肌に馴染むまで待つ必要があります。

 

 

化粧水が肌に馴染んだように感じたら美容液をつけます。これも同じように美容液が肌に馴染むのを待ちます。そして肌に馴染んだと感じたら、最後に保湿クリームを塗ります。じっくりとスキンケアに時間を掛けてあげると肌の調子が良くなりますよ♪妊娠直後から、いつも通りのスキンケアでは肌が負けてしまい敏感な状態になってしまいました。チクチクとした痒みが皮膚と衣類の摩擦で生まれるようになり、顔もガサガサとして潤いがなくなってしまいました。

 

そこで肌をいたわる目的から無添加のケア用品に変えました。

 

 

赤ちゃんが生まれると悩んでいた体の痒みはさっぱり消えました。ただ肌の乾燥は変わらずでした。

 

出産を終えるとわずかに残った体力も時間も育児に奪われていき、これまでのようにじっくりと肌をケアする時間も取れないため、オールインワンゲルで簡単スキンケアをするようになりました。妊娠線ができたら生涯そのまま…!という話を聞いたことがあったので妊娠がわかってすぐから妊娠線対策をしていました。妊娠線はお腹だけでなく、脂肪のつきやすいお尻や太ももにもできやすいので、ボディケアミルクやマッサージクリームを保湿目的でお風呂から出た後には必ず塗っていました。
使用したボディケア用品は低刺激で妊婦でも安心して使えるものでした。この結果、妊娠線が一つもできませんでした!もう産後3か月になりますが、ずーっとお腹にはボディクリームを塗るようにしています。
私のお肌は敏感肌だからかシミが出来やすく、美白しようにも元々が紫外線を吸収しやすいのか肌は黒くなりがちでした。

 

サエルはそんな美白ケアを諦めてしまった敏感肌さんにぴったりのスキンケア化粧品です。

 

配合されている植物由来の天然成分がお肌を癒し、メラニンの素となるチロシナーゼの発生を抑えてメラニンができないようにしてくれる優れた一品なんです。

 

そのおかげで、お肌は透き通るような白さと透明感を取り戻しました。
お値段は少々しますが、お値段以上の働きをきちんとしてくれるコスメだと思います。私もすっかりリピーターです。

 

 

私は子供を産んでからというもの、吹き出物やニキビのようなものが顔面にいっぱい現れました。

 

話には聞いていた産後の体質の変化ですが、よもや自分が当事者になるとは思ってもみませんでした。

 

赤ちゃんは母乳のみを与えていたので薬を使ってしまうと場合によっては赤ちゃんに副作用が出てしまうと思ったので、たっぷりと保湿して肌の状態を整える事にしました。育児に追われて忙しくしていますが、毎日しっかりと保湿すると少しずつではありますが顔中にあったニキビのようなものは目立たなくなってきました。
ホルモンバランスの乱れが起因しているのか、産後に肌がひどく荒れるようになりました。以前から乾燥肌ではありましたが、産後は化粧水が肌にしみるのかピリピリとするようになりました。

 

そういうわけで、乾燥性敏感肌でも使える低刺激な化粧品を使用し必要以上に肌を触らないようにして、シンプルに化粧水と乳液のみで肌ケアをしたところ、肌はすっかり良くなりました。産後はスキンケアしているほど時間に余裕もないので時短ケアで済ませていたのに肌が復活して幸運でした。スキンケアで気をつけたい習慣として入浴があります。

 

入浴には美容効果もあり大切なのですが、やり方を間違えれば乾燥肌につながります。入浴している間乾燥肌にならない為気を付ける事はこちら1・熱いお風呂への入浴やシャワーを長くしないこと。お湯の温度は38〜39度、そして20分以上お湯に浸からない2・体を洗うときは優しくこすること。

 

タオルで強くこすらず、石鹸のふわふわの泡を手のひらで伸ばすように。

 

 

3.お風呂上りのケア肌表面から水分の蒸発を防ぎましょう。

 

 

 

妊娠中は悪阻に悩まされることも多く食事も食べれない事がありました。それで栄養が足りていなかったのか、いずれにしても荒廃したお肌の状態は散々たるものでした。

 

 

 

またホルモンバランスがおかしくなっているためなのか使用する化粧品を変えたわけでも無いのに痒くなるようになりました。

 

ひとまずアレルギー肌でも使える低刺激な化粧水を使用したところ症状が緩和されました。
さらにシミが増えたり濃くなったりするとも聞いていたので日焼け止めクリームも子供にも安心して使える低刺激タイプのものを塗るようにして、これ以上肌を痛めるわけにはいかないので日焼けしないように気を使っていました。

 

 

 

乾燥肌はカサカサするし顔を洗った後や起きてすぐはピリピリと痛むこともありますよね。
乾燥肌には保湿対策が間違いなく重要になってきます。食事や間食などでいっぱい野菜&果物を食べてビタミン等の栄養補給をして、水分もたくさん摂るようにしましょう。加えてスキンケアの際に化粧水で肌が潤ったらきちんとそれをフタをするクリームや美容液を必ずつけるのです。体内、体外どちらからも水分や栄養を補ってあげる必要があるのです。

 

お肌は年齢とともに皮膚の組織のターンオーバーが遅くなります。40代と20代の人を比べると修復する日数は倍以上かかります。古い皮膚がずっと剥がれ落ちないのでシミやくすみが増えるのも当然ですね。

 

拭き取り化粧水を使用したり、ピーリングで角質ケアもしています。時々ピーリングも始めています。今ではくすみも取れ肌が明るくなったような気もします。やったことが無い人にはおススメです。
市販の爪水虫治療薬

 

 

関連ページ

クレンジング剤や洗顔料が本来であれば肌を乾燥から守る油
クレンジング剤や洗顔料が本来であれば肌を乾燥から守る油
顎や輪郭にニキビができてしまうのが気になる
顎や輪郭にニキビができてしまうのが気になる
妊娠〜産後にかけてはホルモンバランスが崩れる
妊娠〜産後にかけてはホルモンバランスが崩れる
砂漠状態の頬、油田のようなおでこ…間違いなく混合肌と呼ばれるタイプ
砂漠状態の頬、油田のようなおでこ…間違いなく混合肌と呼ばれるタイプ